2016年11月04日

現時点での、私的ニコ動の投稿&視聴事情

ニコ動の方もHTML5プレーヤーに対応した(仮ですが)みたいなので、ちょっと試しに使ってみたのですが…。
1.5GB対応になった時と、画質は変わらない様で…。(´・ω・`)
今の所、15分以内だと映像ビットレートが平均2Mbpsで、音声が192kbpsぐらい?
中サイズ(640x360)より大きいサイズのでのプレーヤーだと視聴が厳しいですし、ビットレート消費の多い激しいシーンの多い動画(MMDやアイマス等)だと、ノイズが厳しい感じ?
まあ、現状あるwebブラウザが軒並みフラッシュプレーヤー非対応になっちゃうので、その前にきたのは嬉しいんですけどね。
ただ、どうしても綺麗だった時があった以上、今の画質は厳しく感じる訳でして…。
 web視聴する動画としては、現状(ビットレート2M)でも、一般的には十分綺麗と言えるんですけどね〜。
 人間、どうしても欲が出ちゃう。>_<
と言うわけで、私はエンコードは『aviutlのx264guiEx 2.43を使用させて頂いて、尚且つ100MB以内にファイル容量を制限。
 ※fpsの低い物(SS系とか)は、以前と同様に夏蓮根さんを使用させて頂いてます。(≧∇≦)
ニコ動の視聴(公式系以外)は、ブラウザにスクリプトを入れてFlash版で視聴してます。
当然、スクリプトを入れるのに抵抗があるって方も居られるでしょうから、あくまでも参考までに。
やる場合は、自己責任でお願いします。


紹介するのは、視聴時に使わせて頂いている『ZenzaWatch』です。
私は現在、主にグーグルクロームを使用してるので、TampermonkeyとZenzaWatchを入れて視聴しています。
元々ZenzaWatchは、ニコ動の動画ページのプレーヤーを使用せずにHTML5で再生するプラグインだったわけですが、現在はアップデートで『旧システムで再生する』機能が付いています。
それぞれ比較してみると、

 1.5GB投稿対応後に投稿した動画を、ディフォルトプレーヤーで再生した場合↓
1.png
 ビットレート不足で、若干ぼやけた感じ?

 同一の動画を、ZenzaWatchの旧システム版で再生した場合↓
2.png
 以前(1.5GB対応前)と同等の感じ

となりました。
※ただ、注意して欲しいのは、ZenzaWatchの旧システム版で以前と同様の再生が出来るのは、ファイル容量が100MB以内で投稿された動画です。
100MBを超える動画の場合は、以前と同様にファイル容量オーバーとなってFLVでの再生になるようです?

勿論、投稿者側が「綺麗に視聴したかったら、プラグイン入れれば良いじゃん!」と言うのは違うと思いますし、視聴者側が「100MB以内で投稿してよ!」と言うのも違うと思います。

まあ、条件に合った動画を視聴する場合で、スクリプトを入れる事に抵抗がなく、ある程度理解してる方。
あと、YouTubeではなく、どうしてもニコ動で視聴したいって方は、見当されてみてはどうでしょう?

※現時点で、ZenzaWatchの旧システム版が利用出来るのは、ニコ動の動画ページがFlash版のみっぽい?
HTML5に完全移行しちゃうと、使えなくなるかも?
posted by 三毛猫(3k) at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコニコ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443514741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック