2016年04月03日

『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』、プレイ中です【その2】

前回書いた時から、ちょっと進行しました。
予定通りに紅葉をプレイキャラに選択して、2周でグッドエンド達成。ヽ( ´ ▽ ` )ノ
水着集めに再度周回プレイして、次に選んだほのかが、初回でグッドエンドになってしまいました。(笑
DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune_20160403001342.jpg
※わくわくLVが1です
正直言って、グッドエンド狙いならミッションをなるべくこなしつつ、ビーチバレー1択が早いかなぁ?
この時、「前回選んだキャラのパートナー」をプレイキャラに選ぶと、満足度が多少引き継ぎされているので、迎えやすいかなぁ?

あとミッションOnlyでお金を貯めて、チケットを2種まで開放しました。
DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune_20160403111241.jpg
リセマラはしない派なので、かな〜り時間が掛かりましたし、あと2種残ってますけどね…。(´・ω・`)
 ※リセマラ=リセットマラソン。バックアップデータを駆使して、失敗したらやり直す方法。
 別にその行為を非難する訳ではないですし、個人的に焦って進める気が無いだけです。^^;

今回は、カジノで使った金額で開放されるので、前作と比べれば楽ですね。
正直、カジノで大金勝てた事がありません!ww
所持金が150万ザックまでなので(出来れば倍にして欲しかった)、実際には240万ザックぐらい負けてます。>_<

 ここで、バレーが勝てない人に向けたアドバイスを。
Q.サーブが決まらない場合
A.サーブは3種。
1・ノーマルサーブ=Xボタンを押してボールを上げ、再度Xボタンで打つ。
オーソドックなサーブで、打つタイミングも失敗しにくい。(一番高い所にボールが上がった時に打つ)
サービスエースは狙いづらいですが、2人ともネット際から離しやすいので、スパイクが打たれにくい。
2・ジャンプサーブ=L3ボタン(左レバー)を上に入力しながらXボタンでボールを上げ、再度Xボタンで打つ。
ボールを打つタイミングがかなり難しい。慣れが必要?
しかし、サービスエースが狙いやすい。
3・下打ちサーブ=L3ボタン(左レバー)を下に入力しながらXボタンでボールを打つ。
実際には、ノーマルサーブより使用頻度高め。w
まず失敗無しで、相手コートに入れられる。
しかし、ゆるいサーブなので速攻を掛けられやすいし、スパイクで返されやすい。

Q.点数が稼げないんだけど…。
A.基本操作と、その応用が大事。
正直HARDペアでないなら、基本操作だけで勝てる場合が多いです。
勿論、パートナーが居るアクテビティなので、100%はありませんが…。
とりあえず、
 相手コートから自分の所にボールが飛んできたら○でレシーブ
 パートナーからのレシーブには□ボタンでトス
 パートナーからのトスには、ネットから近い位置ならXボタンでスパイク、離れているなら○でアタック
が基本ですね。
更に、相手がネット前で屈んでいた場合はブロックのサインなので、ネット際ならタイミングをずらしたスパイクか、○ボタンちょい押しでポトリ狙い。(アタックは、○ボタンの押す時間で強さが変わります)
ジャストタイミングでのスパイク(ボールの高さが高い位置)なら、相手を吹き飛ばす事もあり。
あとは、相手のアタックをブロックするとか?
 ネット前でXボタン押しで溜め、離しでジャンプ。
ただ、パワー型相手だと弾かれる事もあり。
もしパワー型がパートナー(女天狗とかほのかとか?)なら、レシーブをやらずにトスを上げて、パートナーにアタックやスパイクを任せるのも手かも?
あとは…、ネットから離れた位置だとスパイクが決まりにくいので、臨機応変に強めのアタックを使ったり等々。

と言った感じですかね?
しかしまあ、勝てなくてもいいじゃない?(元も子もないww
負けても満足度は上がりますし、相手の難易度は下がるので、メリットはあります。
実はココだけの話、水着回収(もしくはプレゼントプレイ周回)の時に、次に狙うキャラが対戦相手のバレーで負け続けて相手の満足度を上げておくっていうプレイも。(≧∇≦)
まあ何にせよ、バレーは慣れと運なので、とにかく負けを気にせずやるのが良いと思います。

さて、とりあえずはオーナーLV50を目指して、まったり進めますかね〜。
posted by 三毛猫(3k) at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記+ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック