2016年02月16日

ニコ動画で視聴時のFlashPlayerが以上に重い…、の対策を自分なりに調べてみたよ(firefox版)

仕事中に、一度に2ヶ所骨折しちゃって(´・ω・`)な今日この頃です、こんばんは。
ブラウザのFireFoxの自動更新でVer44になって、尚且つFlashPlayerを最新の物にしたら、動画サイズやフレームレートに関係無くニコ動の動画が異常にカクカクしだして見れなくなりました。
時間をずらしても改善しなかったので、自分なりに色々調べてみました。

長ったらしい前フリは良いから、とっとと書けYO!って言われそうなので、まず先に対策書きます。
 ※自PC環境で、ブラウザがFireFoxの場合で試しました。環境とかの違いは分かりません。
  もしかしたら、改善出来ない環境があるかもしれないという事だけ、念頭に入れておいて下さいね。


WINDOWSの入っている内蔵HDD(ディフォルトだとC)の、
 Users→{設定してあるユーザー名}→AppData→Roaming→Macromedia
とフォルダを開いていき、中に入っているFlash Playerフォルダをそのまま削除して下さい。
 ※うちのはVista環境なので、OSによっては場所が違うかも?
  『#SharedObjects』と『macromedia.com』っていうフォルダの入っているFlash Playerフォルダです。


このフォルダは、消しても動画を視聴する毎に作られるので大丈夫です。
もし毎回探すのが面倒なら、ディスクトップにMacromediaフォルダのショートカットを作っておいて、中身だけ削除するようにしたら良いかも?

ちなみによく言われてる「動画が重くなったらキャッシュをクリアに」って対応は、この場合では効果なしでした。
あれはweb上でのキャッシュ保存残量の不足を改善する為の対応ですからね。
あ、でもニコ動は情報量が多いので、ブラウザ側でのキャッシュサイズ制限をつけて、数値をMAXにしておくと動画ページが軽くなると思います。
頻繁に削除しなくて済むので、アクセスも快適になりますしねぇ〜。
あとTwitterでも呟きましたが、トラッキング防止機能もページを開いたりする際に有効だと思いますよ。
以上!

※追記
 ニコニコ動画を利用されてる方は、ご承知だとは思いますが一応追記。
 ニコニコ動画の動画ページでの設定は、上記で消したファイルに依存してますので、削除すると設定をし直す必要があります。(ニコ動がFlashPlayerに依存し続ける訳は、これが原因なのかな?)
 なので、面倒だという方は、消すタイミングに注意ですね。
 あくまでも、重くなった時の対処方なので。

 
 以下格納(詳細とか、興味のある人だけ)



「それってスペック不足でカクついてるだけなんじゃね?」って思われるかもしれません。
確かにうちのPCは、化石?みたいな物(笑)です。
正直言ってしまえばネット経由で60fpsの動画を視聴するのはキツイですし、HDサイズもキツイです。(´・ω・`) ※ローカル再生では問題無し。ニコに関しては、スタイルシートを入れて対応。
自分でエンコードする動画も、何とかHDサイズから下げられないかな?と、模索している最中です。
しかし実は、スペック不足によるカクつきだと、CPUには殆ど影響が無いんですよね〜。
スペック不足.png
 ↑スペック不足により、カックカックの動画を視聴してる時。
ただし、深刻なまでのスペック不足な動画の場合は、CPUが一気に跳ね上がります。>_<
まあこの場合は、プレーヤー上のボタン操作にラグ出たりするので分かるかと思います。

今回の現象は、plugin-containerってプロセスが、CPUの使用率を占めていたに起きた現象でした。
plugin-container.png
※これは軽い状態です。CPU部分の数値が、使用率パーセンテージ。
一番上にある System Idle Processっていうのが、待機(使用していない)しているCPU部分です。
これが一番数値を取ってる時が、快適に稼動している時ですね。
ちなみに現象が起きてる時は、動画を再生してる時だけCPU使用率が80〜100%を行ったり来たりしてます。(T-T)


このplugin-containerって言うのは、FlashPlayerがクラッシュ(ビジー状態で応答がうんぬんってやつ)を監視していて、その際にブラウザを再稼動した時に自動的に元のページを開く様にブラウザと連携してるプロセスですね。
調べる為にネットで巡回してた時、「ニコニコ動画が重いなら、邪魔なplugin-containerを無効にすれば良い」って記事を良く見たのですが…。
正直言って、個人的な意見としてはお勧めしたくないです。(´・ω・`)
このプロセスは、別の言い方をすれば『FlashPlayerがCPUに過負荷を掛け続けている時に、CPUを守る為にFlashPlayerを強制停止させる』ものでもあるからですね。
FlashPlayerが止まらなければ、最終的にPCの方がクラッシュします…。
「実際タスクマネージャーで確認すると、CPUの使用率下がってるんですけど…」って意見もありましたが、
そのタスクマネージャーを動かしてるのはCPUですよね?
高負荷or熱暴走してるCPUが、必ずしも正しい情報を提示してるとは言えないと思うのです。


と、ここで最初に戻って、どのタイミングでMacromediaフォルダのFlash Playerフォルダを消すか?なのですが…。
正直こればかりは、ご自身の利用状況と、重くなってきてもしかして?と思った時としか…。
このフォルダって、新しくファイルを追加していくタイプではなく上書きしていくタイプなので、容量で判断が出来ないんですよね…。
あとは、自動的にフォルダを削除してくれるソフトを使うとか?
ちなみに私は、『AutoFileCleaner』っていうフリーソフトを時間指定で使っています。(≧∇≦)
 (タスク収納型で、PC稼働中は常駐ソフト)
もし手動が面倒だ!っていう方は、ご自身の環境にあった物を探してみては?


と、長々と書きましたが、今回はここまで〜。
もし同じ現象で悩んでおられる方が居て、参考になったら幸いです。
|ω・`).。oO(次に更新する時は、エンコ晒しとか出来たら良いなぁ〜
では、ノシ
posted by 三毛猫(3k) at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック