2014年11月20日

雑記:H.265を、色々さわってみて思った事

久しぶりの更新です。
色々書きたい事もあるのですが、今回はコレで。

 以下格納


以前、新規格のH.265の動画がYouTubeに上がった時に、自分でも色々と試してみたのですが上手く行かず…。
エンコード時間も、3分ぐらいの動画で10時間ちょっとと表示されたので、ずっと放置だったのです。
そして最近、色々と進展があったみたいなので、必要な物とかPCに取り込みつつ再びチャレンジしていました。
まあ失敗やら良く分からないエラーやらで、かなり苦戦しましたが、何とか265規格へのエンコードも成功しました。
お陰で、PCをずっと占拠されましたが。(笑
そこで、個人的に思った事とかを。

確かに、4と比べると綺麗さの向上がはっきりわかりますね。
 ※現状ではH.265も拡張子がMP4なので、従来のH.264を4、H.265を5と表記します。
 書くのが面倒。>_<;

あとx265も、最初の頃より格段に進化していて、エンコード時間も半分以下になってました。
ただ…。
激しいシーンの部分は、どうも圧縮が良くないみたい?
4の場合でもビットレートが低めの場合は、激しいシーンでの荒さが目立ちましたけど、5は更に差が大きいような・・・?
あと全体的にシーン切り替わりの多い内容だと、肝心のファイルサイズも4と大差なくなりますし。

デコードもローカル時でもかなり負荷掛かってるので、60fpsになるとうちのPCではキツイかなぁ?
若干カクつきます。(´・ω・`)
せめて4の1.5倍くらい、出来れば同様ぐらいになってくれないと、個人的には使うのは躊躇われるかな?
現状での再生負荷なら、素直に4でビットレート倍掛けておいた方が、デコードの観点からマシに思えますし…。


個人的な結論としては、どうしても5の規格しか受け付けられなくなるまでは、4のままで良いかな?って感じですね〜。
5の売りは『今までの半分のファイル容量に圧縮出来る』って事ですけど、現状では正直視聴者側でのメリットが少ないんですよね。
とりあえず、x265の今後の展開でデコードが飛躍的に進化するまでは、さわらず見守る感じでいこうと思います。
どうしても試してみたい方は、aviutlとx265、rigayaの日記兼メモ帳さんの所で配布されてる『x265guiEx』で出来るのでやってみてはどうでしょう?
posted by 三毛猫(3k) at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409288669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック