2013年05月21日

今更聞けない、S4Uのカメラの事(X-BOX版)

前回はPS3版をメインでやったので、今回は360版を中心にやってみようと思います。
撮影をメインでして無い方も、仕組みを知っておいた方が、ランキング等で見てて楽しさが増えると思いますし。w

 以下格納します
アングルは大きく分けて、AUTO・UP・MID・Longで構成出来ます。
ここはPS3版と一緒なのですが…。
アングルは、一個のボタン(正確には2個ですが)でしか切り替えられません!(´・ω・`)
LBボタンによる
 AUTO→UP→MID→Long→AUTO…
という、順動な操作です。
※LTボタンで、AUTO→Long→MID→UP→AUTO…という逆動も出来ます。
この場合、例えば現在LBボタンでLongにしていてLTボタンを押したら、MIDに戻るという感じですね。

この制限が非常に厄介なのは、360版には『AUTOカメラ以外には追従が無い』と言う事ですね…。

360版では、AUTOカメラに戻した時、必ず指定されているメンバーの指定されてるUPになるという決まりがあります。
これ自体は、Longからの切り替えだと便利なのですが、UPからの切り替えだと
 追従無しUP→追従あり同UP
となりますから、カメラの挙動がおかしくなる場合(カクンてなる)が殆どです。>_<
勿論、そうならないタイミングもあるんですけど、かな〜りシビアです。w

あと前記したとおり、マニュアルには追従がないので、UPカメラでは見切れる事も多いです。
特に歌詞表示を消せないので、UPカメラ時に顔にもろ被りになっちゃったりします…。
まあ、この2つに関しては、気にしたら撮影出来ないので。^^;

もう一つPS3版と違う点は、メンバー切り替えも1個のボタンでしか行えないという事ですね。
こちらは1stから順同のみです。(逆はありません)


ここまでの事から分かるとおり、
 360版でマニュアル撮影するならAUTOカメラを上手く取り込んで、4〜5手先を読んで角度なりメンバー指定を入れておくっていうのが、今までと違う内容の物を撮れる道かもしれません。
※PS3版なら、2〜3手ぐらいで済むんですけどね…。
勿論、
 「ただ可愛いアイドル達を、眺めたいだけなんだ〜!」
とフルAUTOに走るのも、
 「ぶっちぎるぜ!」(某予告ナレーション風)
と深く考えずにマニュアルで回しまくるのもありかと思います。w

確かに正直に言ってしまえば、PS3版S4Uの方が自由度は高いです。(今更フォローしてもしょうがないですし)
そこから見れば、360版は無理に回さなきゃいけない(先々の事を考えて)部分とか、ちょっと忙しくなりがちだったりもします。
それでも私は、S4UやL4Uどれも気が向いた時に撮影しています。
ゲームなんだから、楽しんだら良いじゃん!って感じで。♪
あとネタコーディネート!!ww(DLCは360版でしか殆ど買って無かったので)
最近PV新着とかでも、大人しいのしか見かけなくて、ちょっと寂しい…。(´・ω・`)

最後に「こんなのでも良いんだよ?」と、約1年前の360版のを貼っておきます。w

ちょうどS4U大会の支援してた。w

posted by 三毛猫(3k) at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック