2013年03月24日

取りあえず、こんな感じかなぁ?

どうやっても、60fpsにした時点で重いので、バランス的に妥協しました。
解像度:854x480 映像ビットレート:2050kbps 音声ビットレート:320kbps 59.94fps
これでもやっぱり、私の環境では若干重かったですけどね。>_<


まあ最近は、ニコ動自体が重い時が多いので、空いてる時はマシかなぁ?
ちなみに私の場合の重いは、読み込みに時間が掛かって時々待ちで止まるものなので、読み込み待ってれば良いんですけど…。
Qになってから殆どの動画で、ページを開いた途端にシークバーが満タンになっちゃって、読み込み状況が分からないのは私だけ…?(´・ω・`)

ちなみに、ドリクラ系のはエンコ設定を変えない事にしました。
360版のデュエット&バックダンサーは、処理落ち軽減の為にフレームレートを落とすアップデートがありましたし。
VIPモードは59.94fpsですけど、それ程激しくシーンが切り替わる所が少ないので、29.97fpsに落としてても問題無いかな?と。
PS3版は、PSPからの衣装しか買ってません(髪型の寝癖は買っちゃった)し、DLC曲は受付さん専用と一部しか買ってません。
受付さん用にデュエットは買ったのですが、ちょっと処理落ちが気になるかなぁ?
これは、ハードが悪い訳でもソフトで差をつけてる訳でもなく、BDのメリットデメリットの一個ですよね…。
※BDは大容量ですけど、現状の読み込み速度が2〜3倍速(DVDは10倍以上)なので、データーの転送速度が追いつかないんですよね〜。
そしてビットレートも落としてあるんですけど、1080pだからこそビットレート不足分を補えるんですよね。
しかし、現状ではADVゲーム以外は720pが殆どなので、色調が薄くなってる感じがするんです。
あ、毎回言ってますけど、私は特定のハードを贔屓とか批判とかする気はないですからね!
それぞれのハードで、楽しめるソフトをプレイするだけですから。



さて、Aviutlの設定ですけど、フィルタのエッジレベル調整は切りました。
本当は好きなフィルタなんですけど、ビットレートを多く消費するフィルタなので、ビットレートを多く振れないとキツイんですよね…。
そして色調補正のコントラストも、気持ち下げました。
ビットレートは、『動きの激しい部分』や『色の濃い部分』で特に消費されますからね〜。

次に、ビットレートや解像度の決め方ですけど…。
本当は、内容に合わせて毎回変える方が良いんですけど面倒ですよね〜。
取りあえず、ジャンル別に基本の設定を決めると良いと思います。
29.97fpsでも59.94fpsでも、基本は重さは変わりません。(ファイル容量が変わりませんよね?)
ただフレームレートの処理が追いつかずにカクつく現象は、解像度&ビットレートに影響を受けやすいので、60fps時には控えめにした方が良いでしょうね。
そういう意味で、ビットレートは30fpsの時の半分近くにしました。
半分までは減らせなかったので、後は解像度を854x480に引き下げました。

あとx264.exeは、最新の物に更新(0.130.2273.0)にしました。
この『x264.exe』は、aviutlでmp4出力する時の核になりますし、更新は結構頻繁です。
エンコする度に、毎回更新確認は面倒なので、3ヶ月に一回ぐらいは確認する事をお勧めします。
※エンコード時間が早まったり、新しい機能が追加されたりします。

上記で書いた事以外は、以前晒した物と同じ内容でエンコードしました。
さて、もうテストは疲れたので、DIVA-Fとかim@s2ノーマルPV撮影とかドリクラのカラオケとか楽しみます。
posted by 三毛猫(3k) at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画MP4変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/350960546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック