2013年03月16日

エンコ設定晒し(ちょっとだけ追記)

今度は、PC接続用のHDMIケーブルが壊れちゃって(´・ω・`)状態な今日この頃です・・・。
ブツブツノイズが入るようになっちゃったので、また買って来ないと・・・。
出費がかさむなぁ〜。>_<

今回は、現状やってるエンコードの設定を再晒しです。

☆使用するソフト&ツール
その1.Aviutl本体 (現在version0.99m)
x264guiEx 1.73(aviutl用H.264出力ツール)
その他フィルターは、エンコ設定にて。
※本体読み込み用のとか

その2.夏蓮根 (使用Verは1.61)

まずフィルターは、
#フィルタ設定.png
こんな感じ。
※色調は、内容によって弄ります。
ここが結構重要。自分好みに色々弄るのが宜しいかと思います。


特に、HDサイズでエンコードしてる所が大きいですね。
当然エンコードしてる以上は、同サイズでの視聴は厳しい(画質的に)ですけど、大きいサイズでファイルを作って縮小リサイズで再生する事でビットレートを抑えられますし。
最近TVで見かける、『REDカメラによる高画質映像』って言うのと、原理は一緒です。w
まあ元の解像度は、全然小さいですけどね〜。^^;

で、拡張x264Ex出力ですけど、使う場合は『必ず最新版』である事をお勧めします!
x264guiEx 1.73でググれば、直ぐに見つかる筈です。
設定内容(stgファイル)も、お勧めのが同梱されてるので、項目が分からない場合は弄らないでOKかと。w

最後にビットレート設定ですけど・・・。
正直言ってニコとかにUPする場合、サーバー的には映像ビットレートが2Mbpsを超えると重いです。>_<
「え?2M超えてる動画でも、ぬるぬる再生出来るけど?」って方も居られるでしょうけど、それはPCスペックとか回線で、多少無理が利くからですね。
30(29.97)fps・60(59.94)fps共に、2Mを超える動画は重いという覚悟で、設定を決める事が重要かな?

私は59.94fpsなら映像1.6Mbps、29.94fpsなら3.2Mbpsぐらいかな?と思ってます。
まあ1280x720サイズなので、これでも若干読み込み待ちが必要ですけどね。
どうしても重さが気になるなら、640x360サイズで59.94fpsなら2M、29.94fpsで2.4Mぐらいならいけそう?
Qプレーヤーで大サイズだと、若干ぼやけますけどね。
あ、あくまでも私の印象ですし、数値は自分でテストしてみて決めるのが一番でしょうね〜。
重くても綺麗な方が良いって人も居るでしょうし、その逆の人も居るでしょう。
私もまだ迷走中です。ww
どうしても、重さ(解像度なりビットレートやフレームレート)を犠牲にするか、再生負荷を犠牲にするかを決めないといけないと思います。

色調を弄りつつ、テストで自分なりの設定を見つけ出せる事を応援します。

 ※追記
一応、私のaviutl用stgファイルも晒しておきます。 →置き場所
晒し用(aviutl-stgファイル)ってやつです。
※x264guiEx 1.73用です。
aviutlの『x264guiEx_stg』フォルダ内にコピーすれば、プリセットとして選択出来ます。(ファイル名は、分かりやすい様に変更してください)
x264.exeの指定場所・NeroAacEncの指定場所・mp4box.exeの指定場所は空欄なので、ご自身のファイル場所を選択して下さい。
あとビットレートは、自分の数値で変更してください。
posted by 三毛猫(3k) at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画MP4変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/347353623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック