2012年05月21日

『第1回S4U!PV大会』が開催されます

アイドルマスターのノーマルPVの大会が開催されます。
今までL4Uでの開催は数回行われていたのですが、今回からはアイドルマスター2(以下アイマス2)オンリーでの大会です。
投下期間:5月27日(日)~6月3日(日) PM11:59まで
投票期間:6月4日(月)~6月10日 PM11:59まで

詳細は、今回の主催者の『ダルトンP』さんのBlogや、広報担当の『れのP』さんのBlogにて書かれているのでそちらを。
 ダルトンPさんのBlog記事:【開催告知】第1回S4U!PV大会 〜開催詳細〜 →http://ameblo.jp/daltonp/entry-11255313036.html

取り敢えず支援という形で、おさらいと言う事で『X-BOXとPS3によるS4Uの違い』を、簡単にまとめてみようと思います。
どちらかのみのハード持ちの方も居られたり、ソフト未所持で投票のみの参加の方も居られるでしょうから、視聴時の参考になるかもしれませんし。^^

 以下格納



 ※使用出来る衣装や楽曲の違い、バーストアピールやステージの違いとかは、今回は省きます。(ミクとDS組の3人は、PS3版のみで使用可能)

まず最初に、共通してる事から。
AUTOカメラですが、殆どのパートでは映すポジションメンバーが決まっていたりします。
※ただしアングルがランダムなので、UPやMIDの角度は勿論、アングル自体が変わる事もあるのでLongになったりする場合もあります。
 ※L4Uと違って、パート分けの変更は出来ません。


アピールの使用回数は6回まで(でしたっけ?)、バーストアピールは一回のみです。
どちらも、その時マニュアルで指定されてるポジションメンバー(そこまでAUTOのみなら1st)をメインとしたアピールになります。


次に相違点をいくつか。
メンバーの切り替え方法ですが、X-BOX360(以下360)版は、1つのボタンによる順動切り替えになってます。
 (例1stから始って、切り替える度に2nd→3rdと変わり、最終的に1stに戻る)
対してPS3版は、1stから5thまでボタンが振り分けられています。

UPカメラやMIDカメラは、360版はマニュアルカメラだと固定です。
この為、UPカメラの場合だと屈伸した時などに見切れる場合があります。
 ※AUTOカメラのみ追従です。
対してPS3版は、メンバーの動きに対して追従(特定のポイントに照準を合わせて上下の動きに合わせてカメラが動く『追従カメラ』がディフォルトになっています。
尚、特定のボタンを押す事で、追従解除を行う事ができます。

PS3版は、Longカメラ中に『指定ポジションの変更』・『アングル角度の変更』を行う事が出来ます。
これは、次にソロカメラ(UPやMID)にした時に反映されます。
 ※メンバー変更はボタン表示で確認できますが、角度は覚えておくしかないです。
これに関しては、360版は一切不可です。

マニュアルカメラからのAUTOカメラ切り替えですが、360版は切り替えた時、必ず現在指定されてるポジションメンバーのUPになります。
 ※角度は、その時指定されてる物になります。
PS3版は、AUTOに切り替えてもすぐには変わらない場合が多いです。
両ハードとも、各曲・各パート毎にAUTOカメラの切り替えポイントがありまして、そのポイントで切り替わります。


簡単に抜粋すると、こんな感じですかね?
全体的に見てみても、PS3版の方がカメラの選択幅が広くって自由度が高いのは事実です。
しかし360版も、発想や構成で良い物が撮れると思っています!
(ここでの『良い物』と言うのは、自分らしい物っていう私個人の考えです)

記事内容を読んで頂いた方には分かると思いますが、360版で無いと出来ないアングル構成もあったりしますからね。^^

私の場合は、自分がみたい形で撮るって言う事を心掛けているので、あまりカメラの制限とか気にしないんですけど。^^;

大会で、色んな形のノーマルPVが見れれば良いなぁ〜と楽しみです。
勿論、私も微力ながら、何か手伝える事があったら協力しますけどね!
posted by 三毛猫(3k) at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルマスター企画物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270870975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック