2012年02月06日

自己エンコ設定晒し(aviutl版)

まず最初に。
今回(と言いますか最近?)は、あまり再生負荷軽減とか拘っていません。
重い時には、何やっても重いだけですからね〜。
一応、酷くなり過ぎない様に心掛けては居ますけど…。

あと、素人の『やってみた』的なものなので、最善かどうかなんて知りませんので。
HDサイズは書いてません。

 以下、長くなるので格納。



最初は、良くニコに投稿してる640×360サイズ。
 ☆aviutlフィルタ設定
箱○フィルタ設定.png
※色調補正に関しては、完全に好みの為の使用です。
使うかどうかは本人次第ですね〜。

勿論、その時にあわせて設定値を変えるので、このSSのは参考にならないかと。w
(ちなみに、今回のはドリクラの時に主に使う数値です。大体は画面効果が似てるので。)
それと、シャープフィルタに関しては『全体的に暗い場合』に使うって感じなので、常に使用してるファイルじゃ無いですね。

ビットレート設定は、3PASSの映像3280kbps/音声3200kbpsって感じです。
勿論、ビットレートは上げれば上げるほど綺麗になります。
あまり上げ過ぎるとブロックノイズが出ちゃいますけど、まあ3分程度の物なら、大丈夫かと思います。
(ソース元を越えるようなトンデモ数値にしなければ…、ですけどw)
◎ちなみに60fpsの場合でも、設定は同じにしてます。
映像BRを1M下げたい所ですけど、時には同じ設定でやったりします。

拡張x264出力(GUI)は、ビットレート以外は同じ設定にしてるので、最後に回します。



次は、自己保存用に使用してる設定です。
これで投稿する(ニコやYoutube)事は、まだ殆どありませんね〜。
こっちの設定は、導入フィルタが違ったりエンコに時間を費やすので、まあ余りお勧めはしません。w
今回晒すかも悩みました。ww
640×360に使う時もあります(余裕がある時)が、基本は解像度1024×576用です。

高BR高解像度版フィルタ2.png
見て貰えば分るとおり、使用する導入フィルタがガラリと変わります。^^
フィルタに関しては、ググって貰えれば見つかると思いますし、効果は製作者さんの詳しい解説の方が良いと思うので割愛します。

※場合によっては、aviutl起動時に『MSVCR100.dllが見つからなかった〜』って言うエラーをはく時がありますので、『Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86)』が必要な時があるかも?
ただし、解像度1024×576で60fpsで出力した場合は最初にも書きましたが、かな〜りエンコに時間を費やします。
あと結構使い方の難しいフィルタが多いので、もし使われる場合は、良く調べてからをお勧めします。

ビットレート設定は、3PASSの映像4680kbps/音声3200kbpsって感じです。
こちらも当然、上げれば上げるほど綺麗になりますし、60fpsでも設定は同じで使用してます。



最後に、拡張x264出力設定です。
上記のどの場合でも、同じ設定を使用してます。
以前も書きましたが、私はEx版ではなく暫定版を使用してます。
Ex版はソースの関係かPCスペックの問題なのか、所々処理落ちしちゃうんですよね。(´・ω・`)
拡張X264出力(GUI)更新版3.png
4.png
拡張X264出力(GUI)更新版5.png
こんな感じで設定してます。



最後に。
今回、私的設定を晒しましたが、個人的には『結局エンコは場数踏むしか無い』と思っています。
あとは、出力掛けた物とエンコ時間との兼ね合いで決めるしかないですよね?
まあ自分で色々やってみて、自分に合った設定を見つけるしか無いんでしょうけど、私が投稿した物を機会があったら見て貰って、照らし合わせて参考になれば?と晒してみました。
特に今回は、ノーマルPVをニコに投稿する事(im@sやドリクラ)を前提のを晒しましたが、設定は自分の納得のいく感じに決めれば良いと思います。
再生の重さや見た目の好みは、絶対に同じならないんですもんね〜。^^;

では、また何か変化があった時はカテゴリータグの記事で晒すとして、今回はこの辺で〜。
posted by 三毛猫(3k) at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画MP4変換 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック