2010年06月12日

BB素材で再々挑戦(実験中)

そういえばTwitterでも呟いたのですが、Flash Player10.1正式版が来ましたね〜。
入れてみたのですが、ベーター版と違ってニコ動でも問題無かったです。^^
HD動画も多少読み込み早くなったかな?
59.97fpsがぬるぬる観れる様になりました。^^

さて本題。
以前にも何回かBBステージの抜きを挑戦したのですが、VS12のクロマキーだと中々うまく行かず…。
(´・ω・`)
S端子だから余計かな?
静止画なら手動で時間掛ければ良いのですが、動画となると…。
連番BMPファイル出力で静止画にして、手動で抜いて繋ぐとかやったのですが、1秒30枚(29.97fpsの場合)はきついんですよね〜。
S端子でも綺麗に抜けると聞いた『Nive』はうまく動かないし、aviutlとか使ってみたのですが中々うまく行かず。(´・ω・`)
全体的にモヤが掛かった様に色が残るんですよね〜。
せめて輪郭周りだけが残るんだったら、我慢も出来るんですけどね…。
SDキャプチャ(S端子)だと余計にね。>_<

と言う訳で、何とかVSのみでS端子キャプチャのBBステージを、使用に耐えうるぐらいに抜けないか頑張ってました!^^;
※私はVSユーザーなのでVSで書いてますが、クロマキー操作の出来るソフトなら大体いけるんじゃないかな?と思っています。
Niveやアイマス抜きでうまく行く方はそちらで。^^


 以下途中経過




まず当たり前の事ですが、『765コマンド改』は必ず使用する事!w
今更やり方を知らない人も居ないと思いますが、
1.BBステージで撮影
2.保存→上書きOK→「保存しました」の画面が出たら、OKを押さずにコントローラー中央ボタン(X-BOXボタン)を押してダッシュボードに
3.ダッシュボードからL4U再起動
4.ビデオ鑑賞モードへ

でOKです。
1回のみなのと、ゲーム再起動後に直接『ビデオ鑑賞モード』に入る事を間違えなければ、BBカラーの映りこみ(輪郭部分の肌や衣装部分への色)がなくなります。

そして抜き目的でBBステージをキャプチャする際は、色調等の調節が大事っぽいです。
基本は、明るさを通常より暗めにする・コントラストを高めにする・BBステージ選択時は、ライブハウスにカーソルを合わせておくが有効そうです。

私の環境(GV-MVP/RX3ボード・付属ソフトキャプ・S端子導入)での設定を参考までに。
高画質モード&限界ビットレートMAX
明るさ485(ディフォは512)
コントラスト155(ディフォは128)
黒伸張補正と白ピーク補正を使用

と言う感じです。
※他ボードやソフト使用の方は、自分なりに試して調整してみて下さい。


次にVSでのクロマキー抜きですが・・・。
まず一番上の本トラックに白ベタ画像(ペイントで同サイズのキャンバスの物を作ればOK)を仮に置きます。
次に2番目のトラックにBB動画を置いて、スポイトでBB色を拾って、クロマキーの強さを25〜28程度に掛けます。
後ろの白画像で抜き具合を確認して、OKなら本トラックの白画像を排除します。

キャプ時に明るさを下げてコントラストを上げたのは、BBステージとは言っても元ステージの照明でムラが出て綺麗に抜けなかったのを、修正する為ですね〜。
つまりBB色の色を平均化する訳です。


試しにBBステージで撮影→765コマンド改でキャプチャの流れの物を、VS12で抜いたステージ動画+白画像の物をそのままにしてmpeg出力して、いつもの設定でMP4変換してみました。
BB抜き2.png
ちょっと輪郭部分が気になりますが、バックが白で目立っているので、通常に使うとしたら何とか見れる感じでは無いでしょうか?

使用キャプチャボード&ソフト・加工ソフトによっては調整が変わりますが、大体同じ手順でいけると思います。
S端子だと特に調整が大変だと思いますが、お互い頑張りましょう!^^
posted by 三毛猫(3k) at 21:33| Comment(0) | L4U+日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。